2019年6月20日(木) Xipe Totec主催 「ART MELEE~芸術迷麗~参」

去る2019年6月20日(木)、両国サンライズで行われたXipe Totec主催 「ART MELEE~芸術迷麗~参」が行われました。

今回は会場にパワーがかつてないほど渦巻いていました。
絵にとどまらず、パフォーマンスだけをみても熱量が伝わってくるほど。
「見せる」から、「魅せる」アートイベントへ確実にステップアップしていっています!
皆様素晴らしい作品をありがとうございました!

次回は8月29日(木)開催となります。
http://www.xipetotec.psiocat.com/2019/07/04/art-melee4/
皆様のご参加、お待ちしております!

総集編動画

ベストバウト賞

1位・・・カンガルー

『ART MELEE』

2位・・・白黒灰脂

『ガネーシャ』

3位・・・nana

『波』

参加アーティスト

Opening Act

・Xipe Totec

主催の即興芸術チームXipe Totecは、化物に変身し、観客を巻き込み銃で撃たれるパフォーマンスを披露。ART MELEEはドローイングだけの表現ではないことを知らしめた。

1st MELEE

・鶏野からあげ

『迷麗』

狂気のチキンヘッドマン。予測不能の行動に会場は混乱、まさにART MELEEと言わしめるパフォーマンスアートではないだろうか!

・ 羽水

『タイガという変人』

観客参加で絵筆を握らせ描かれた抽象画から、浮かび上がる肖像。
そのモデルはOpening Actを行ったXipe Totecペインター、Taigaの姿だった。
新しい試みが光ったパフォーマンスだった。

・ Yuichi

『届きそうで届かない心の臓』

絵の具を使った初の試み。色という雑念の中心にある、赤い心臓(真実)に果たして我々はたどり着くのだろうか?

・ カンガルー

『ART MELEE』

彼のステージはまさに「色彩の暴力」。誰もがキャンバスにぶちまけられる色彩に魅了された。塗り重なり変化する色の波状攻撃、完全に会場を支配した。
当イベントで初めて抽象画が優勝した瞬間であった。

ギター: TAKUMA (あるこあこ)
ドラム&パーカッション: りえ (あるこあこ)

普段もユニット「あるこあこ」で活動する二人、即興とは思えない完璧な演奏と音色にアーティストたちは完全に世界に入り込むことができたであろう!


2nd MELEE

・moe

『アタシを飼ってくださいな。』

絵描きとしてではなく、バーレスクペインターとして新たな境地を魅せてくれた。トランス常態化した彼女はMELEEの空間と同化していた!

・シトシト ぺチョコ

『オッパイ星人★』

謎に包まれた漫画家シトシト ぺチョコ。強烈なインパクトを残す激しいダンスをしながら、18禁おっぱい美少女を描いた。会場のボルテージが一気に上る!

・nana

『波』

短時間で物語性あふれる波の世界を、今回も描いてくれた。パフォーマンス性が目立つ中で、絵画としての実力のみで2連続3位入選、絵描きの才能を遺憾なく発揮した!

ギター: Jackie Jacklin(TokyoAccidents )
ドラム:藤原 DxSxK 大介

ART MELEEリズム隊の番人、藤原 DxSxK 大介に、ロック兄貴Jackie Jacklinが挑む!MELEE史上もっともロックな即興ナンバーに、ペインターも観客も踊りだした!


乾杯 Act

・Xipe Totec

今回の乾杯Actは、次々に描く顔のイラストに、キスをして完成させる馬鹿げたもの。スタッフのコータローが初めてドラムに挑戦、参加ドラマーのサポートありの和気藹々なムードとなった。


3rd MELEE

・杜斗

『きをつけろ』

食うか食われるか!肉体全体で情熱を体現した杜斗、3rd MELEEを飾るダンシングペイントに会場の熱量はマックスに!肉体と絵画 が融合した瞬間である。

・大和二号 a.k.a. きりみ

『ART MELEE』

会場を撮影し曼荼羅化加工をしそのデータをコンビニでカラーコピーをするという離れ業! 彼の発想力は毎回驚かされる! アートの未来を感じる。

・Oky

『GS/RF』

2面性を持つ顔。連作に込められた表情の変化とは何か・・・ ミステリアスな雰囲気とオーラを観客は感じ取ったに違いない!

・白黒灰脂

『ガネーシャ』

全員をぶっ潰そうという気迫!白黒灰脂という怪物が破壊の限りを尽くした。黄金の色はカレー粉。匂いまでも作品に取り入れ皆がカレーを食べたくなった!

ギター:Yuichi(TEN-SIN、Xipe Totec)
ドラム: 須部善之 (ウメ×バラ)

無頼派ギターYuichiと知性派ドラム須部善之との壮絶な駆け引き!二人の即興バトルにも目が離せなかった。演奏者もまたバトルの最中にいるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です