2020-08-14/08-28 REMOTE Metamorphose3

リモートでのライブペイントと音楽との実験配信シリーズ
「REMOTE Metamorphose」
3回目は、2日にかけて行いました。
クロマキー技術の導入の他に、Specdrumsでの音による演奏と新しい技術雨を導入しました。

ギターヒーロの登場と、その封印。
栄枯盛衰のストーリーをぜひ感じてみてください。

■Discordによる自宅遠隔配信

自宅からビデオ通話・音声通話・VoIPフリーソフトウェア「Discord」利用し、ペインターとギタリストとの自宅での遠隔セッションを行いました。

■クロマキーを利用したライブペイント

動画配信ソフト「OBS Studio」の昨日「クロマキー」を利用。
緑で描かれた部分に、Taigaが作成した動画を映し出す仕組みを取り入れました。

緑の絵の具を使い、クロマキーによる透過。
今回はさらに、透過先のリモート動画先もグリーンバックを用い、オリジナル映像を流すといったダブルクロマキーを実現しました。

■Specdrumsを使った音による演奏(Part2)

Sphero社が開発。指先につけたリングを同梱のプレイパッドを使いアプリで色と音符を割り当てるプログラミングを行うことで、プレイパッド以外の様々な物体の色をも認識し、身近なもので音楽を楽しめるミュージックリングです。



Part1 [Superhero] 2020-08-14

配信ch:https://www.youtube.com/watch?v=i1bq98G6dpg

Painter:Taiga
Guitar:Yuichi

立ち上る色のフレームを描き、中央に緑の絵の具でクロマキースクリーンを作成、リモートで演奏しているGuitar(yuichi)を登場させる。
さらに演奏者の背景もグリーンバックにすることにより、オリジナル映像との合成をした。
ギターヒーローの単葉を描いた作品。


Part2 [SHIELD] 2020-08-28

配信ch:https://www.youtube.com/watch?v=Of-yCM-pgd0

Painter:Taiga
Guitar:Yuichi

Part1の絵をSpecdrums(後述)を使い、色による演奏、ギターとの協奏。
そして最後は、緑の部分(クロマキースクリーン)を塗りつぶし、封印する。
ヒーローもまた時の人となり、人の心に封印され時間とともに忘れられていく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です